2020-06

OZ

2021年2月中旬 ビジネスクラス Staralliance 成田発 ソウル・ジャカルタ・イスタンブール経由サンフランシスコ往復 PP単価11円台

ジャカルタ発券と成田発券の組み合わせで、2021年2月中旬、全行程ビジネスクラス 成田発、ソウル(ICN)・ジャカルタ・イスタンブール経由でサンフランシスコ PP単価11円台がありましたので、ご紹介します。
OZ

2020年9月上旬 ビジネスクラス Staralliance 羽田発 ソウル・マニラ・イスタンブール経由サンフランシスコ往復 PP単価10円台

マニラ発券と羽田発券の組み合わせで、2020年9月上旬、全行程ビジネスクラス 羽田発、ソウル(ICN)・マニラ・イスタンブール経由でサンフランシスコ PP単価10円台がありましたので、ご紹介します。
FOP

カタール(QR) 9月 ビジネスクラス マニラ発 ドーハ経由 マドリッド往復 FOP単価11円台

2020年9月上旬、カタール(QR)による ビジネスクラス マニラ発、ドーハ経由でマドリッド FOP単価11円台がありましたので、ご紹介します。
スポンサーリンク
LO

2020年10月 LOT(LO) ビジネスクラス オスロ(OSL) 発券 PP単価8円台

過日2020年10月で、LOTポーランド航空(LO) ビジネスクラス、オスロ発券 ワルシャワ経由 シンガポール往復でPP単価8円台のルートがありましたのでご紹介します。
CX

2021年 春節時 ビジネスクラス OneWorld 成田発 香港・シンガポール・ドーハ経由ロサンゼルス往復 FOP単価11円台

シンガポール発券と成田発券の組み合わせで、2021年春節時、全行程ビジネスクラス 成田発、香港・シンガポール・ドーハ経由でロサンゼルス FOP単価11円台がありましたので、ご紹介します。
FOP

2021年 春節時 JAL運航便 ホーチミンシティ発券ビジネスクラス FOP単価11円台

2021年の春節は2月の上旬のようですので、2月上旬 JAL(JL)運航便 ビジネスクラス、ホーチミンシティ発券 羽田経由 ロサンゼルス往復で、FOP単価11円台の運賃ががありましたので、ご紹介します。
AM

アエロメヒコ 3月 バンクーバー発券リマ往復 ビジネスクラス VN積算QM単価6円台

3月上旬 アエロメヒコ バンクーバー発券、メキシコシティ経由、リマ往復 ビジネスクラスの運賃が7万円台でベトナム航空(VN)積算で、QM(クオリファイイングマイル)単価6円台をご紹介します。
aviation

「新しい生活様式」ならぬ「新しい上級会員の特別待遇」ってなんだろう?

今回のコロナ禍は、航空業界を取り巻く環境を大きく変えてしまいましたので、各アライアンスや航空会社が設定している上級会員の入会、更新基準及び特別待遇の内容も見直しをせざる得ない状況になっていると思います。コロナ禍後の上級会員への特別待遇の必要有無を考察してみました。
CX

2021年GW CX便 成田発券マドリッド往復 ビジネスクラス FOP単価14円台

過日2021年GWの運賃のソウル発券、FOP単価14円台をご紹介しましたが、成田発券のビジネスクラスFOP単価14円台がありましたので、ご紹介します。
AA

2020年末 香港発券 アメリカン航空 ビジネスクラス 南米弾丸(全機中泊) FOP単価13円台

2020年12上旬 アメリカン(AA) ビジネスクラス、香港発券 ダラス経由 サンパウロ往復で、FOP単価13円台の運賃ががありましたので、ご紹介します。
BA

2021年GW BA便 ソウル発券リスボン往復 ビジネスクラス FOP単価14円台

現時点での検索において、東アジア発ビジネスクラス欧州往復で23万円台は破格のレベルです。FOP単価にすると14円台とあまり魅力的ではありませんが記録としてご紹介できればと思います。
aviation

航空会社の上級会員を維持する意義がだんだん薄れていくような・・・

3大アライアンスや他各航空会社でも各社FFPにて、搭乗実績の多い顧客に対しては、各種優遇措置を設定、サービスを提供していますが、コロナの影響でそのサービス内容も変容を余儀なくされているような気がします。
QM

アエロフロート 2021年1月 羽田発券ニューヨーク往復 プレミアムエコノミー VN積算QM単価10円台

1月初旬、アエロフロートによる羽田発券、モスクワ(SVO)経由ニューヨーク(JFK)のルートがあり、プレミアムエコノミーでVN積算時QM単価10円台のルートがありましたのでご報告します。
OZ

アシアナ(OZ) 2020年8月 羽田発券シンガポール往復 ビジネスクラス PP単価13円台

アシアナが各方面にビジネスクラスで安い運賃を出しているのが目立ちます。とはいえ、日本人が入国やトランジットができないプランでは意味がありません。シンガポールは6月4日以降、トランジットを認めましたので、東京発券、ソウル経由、シンガポール往復でプランニングしてみました。
OZ

アシアナ(OZ) 2020年7月 成田発券ロサンゼルス往復 ビジネスクラス PP単価13円台

現時点で日本人のアメリカへの渡航は、入国後の行動制限はありますが、入国はできますので、来月7月 アシアナ(OZ)で、ソウル経由 ロサンゼルス往復でPP単価13円台がありましたので、ご紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました