aviation

aviation

JAL/ANA 旅客輸送12月度実績状況

例年なら年末で飛行旅客数が増える時期でありますが国際線はわずかなら改善はしているものの対前年比8%、国内線は対前年度比でJALは49%、ANAは40%という状況で、前月比で下落の状況です
airport and lounge

那覇空港PCR検査プロジェクトについて

2021年2月3日より、渡航前のPCR検査を受けられずに渡航される方で、希望される方に対し、PCR検査を那覇空港で実施するプロジェクトを開始するようです。
aviation

コロナ禍のJAL ANA国内線の推移

国内線を持つ世界大手航空会社の当面の生命線は国内線となっています。国際線、国内線両方を持つ国内大手2社も同様です。コロナ前からの状況の比較含めて推移を改めてレビューしてみました。
スポンサーリンク
aviation

JAL/ANA 旅客輸送11月度実績状況

2020年度11月の数字が出そろいましたので、まとめてみました。例年なら観光シーズン真っ盛りでありますが国際線は相変わらず対前年比5-6%、国内線は対前年度比でJALは61%、ANAは47%という状況で、前月比で微増の状況です
aviation

緊急事態宣言直後の週末の羽田空港の様子

緊急事態宣言直後の週末(3連休)の羽田空港に行く機会がありましたので、状況お伝えします。
aviation

世界的航空データ企業のシリウム (Cirium)社のレポートの衝撃

2021年1月5日(火)の日本経済新聞夕刊にウォール街ラウンドアップ記事で引用されたのが、世界的航空データ企業のシリウム (Cirium)社のレポートの存在でした。
aviation

JAL/ANA 旅客輸送8月度実績状況

お盆や夏休みで人の動きが1年の中で大きい月のひとつですが、国際線はあいかわらず対前年比3-4%、国内線は対前年度比でJALは31%、ANAは24%という状況でした。
aviation

JAL/ANA 旅客輸送7月度実績状況

Gotoキャンペーンの前倒しでより一層の回復が期待された国内線でしたが、直前で東京発着が対象から外れることが大きなマイナス要因となり、7月度の国内線は対前年度比でJALは38%、ANAは24%という状況でした。
aviation

JAL/ANA 旅客輸送6月度実績状況

国内線、国際線ともにコロナの影響で減便、休便が4月から本格化し、5月も同様ですが、6月から国内線はやや回復の兆しと報道されていました中、2020年6月度のJAL、ANAの実績が出そろいましたので比較、レビューしてみました。
aviation

JAL/ANAの採用活動はいつごろ再開されるだろう・・・

7月10日、2021年度入社の採用活動の中止を発表しましたが、いつごろ再開されるのか考察してみました。
aviation

JAL/ANA 旅客輸送5月度実績状況

国内線、国際線ともにコロナの影響で減便、休便が4月から本格化し、引き続き同様な状況であった2020年5月度のJAL、ANAの実績が出そろいましたので比較、レビューしてみました。
aviation

「新しい生活様式」ならぬ「新しい上級会員の特別待遇」ってなんだろう?

今回のコロナ禍は、航空業界を取り巻く環境を大きく変えてしまいましたので、各アライアンスや航空会社が設定している上級会員の入会、更新基準及び特別待遇の内容も見直しをせざる得ない状況になっていると思います。コロナ禍後の上級会員への特別待遇の必要有無を考察してみました。
aviation

航空会社の上級会員を維持する意義がだんだん薄れていくような・・・

3大アライアンスや他各航空会社でも各社FFPにて、搭乗実績の多い顧客に対しては、各種優遇措置を設定、サービスを提供していますが、コロナの影響でそのサービス内容も変容を余儀なくされているような気がします。
aviation

JAL/ANA 旅客輸送4月度実績状況

国内線、国際線ともにコロナの影響で減便、休便が本格化した2020年4月度のJAL、ANAの実績が出そろいましたので比較、レビューしてみました。
aviation

各国大手航空会社への支援額規模からみる日本の航空会社への支援額考察

過日各国大手航空会社の政府による支援状況をお伝えしましたが、今後日本国内航空会社の政府による支援についても、各種議論が本格的に始まるように感じますので、考察してみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました