JL

FOP

JAL 国内線4月 同日往復 羽田ー広島線 同日往復 FOP単価14円台

羽田ー広島線で来年1月以降7月あたりまでの運賃では、最も安い時期は、4月で同日往復約1.7万円となり、FOP単価14円台でしたので、ご紹介します。
FOP

JAL 国内線2月 同日往復 羽田ー函館線 同日往復 FOP単価14円台

羽田ー函館線で来年1月以降7月あたりまでの運賃では、最も安い時期は、2月の平日で同日往復約2万円弱となり、FOP単価14円台でしたので、ご紹介します。
FOP

JAL 国内線4月平日 同日往復 羽田ー松山線 同日往復 FOP単価15円台

羽田ー松山線で来年1月以降7月あたりまでの運賃では、最も安い時期は、4月の平日で同日往復約2万円弱となり、FOP単価15円台でしたので、ご紹介します。
スポンサーリンク
FOP

JAL 国内線3月頭 同日往復 羽田ー札幌線 同日往復 FOP単価11円台

羽田ー札幌線で来年1月以降7月あたりまでの運賃では、最も安い時期は、3月上旬の平日最安で同日往復2万円弱となり、FOP単価11円台でしたので、ご紹介します。
FOP

JAL/ANA 旅客輸送10月度実績状況

2020年度10月の数字が出そろいましたので、まとめてみました。国際線はあいかわらず対前年比4-5%、国内線は対前年度比でJALは56%、ANAは41%という状況でした。
FOP

JAL 2021年FLY ONステイタス会員保持者に2021年分のボーナスFOP付与

JALがこの年末にFLY ONステイタス会員に素敵なプレゼントを提供していただきましたのでご紹介します。
FOP

JAL 国内線2月末 同日往復 羽田ー帯広線 同日往復 FOP単価11円台

羽田ー帯広線で来年1月以降7月あたりまでの運賃では、最も安い時期は、2下旬にそれぞれ数日ずつで、最安で同日往復2万円弱となり、FOP単価11円台でしたので、ご紹介します。
FOP

JAL 国内線2月末 同日往復 羽田ー北九州線 同日往復 FOP単価13円台

羽田ー北九州線で来年1月以降7月あたりまでの運賃では、最も安い時期は、2下旬にそれぞれ数日ずつで、最安で同日往復約2万円ちょいとなり、FOP単価13円台でしたので、ご紹介します。
FOP

JAL 国内線2月末 同日往復 羽田ー釧路線 同日往復 FOP単価11円台

羽田ー釧路線で来年1月以降7月あたりまでの運賃では、最も安い時期は、2下旬にそれぞれ数日ずつで、最安で同日往復約2万円弱となり、FOP単価11円台でしたので、ご紹介します。
FOP

JAL 国内線2月末 同日往復 羽田ー福岡線 同日往復 FOP単価12円台

本稿執筆時点において、羽田ー福岡線で来年1月以降7月あたりまでの運賃では、最も安い時期は、2上中下旬にそれぞれ数日ずつで、最安で同日往復約2万円ちょいとなり、FOP単価12円台でしたので、ご紹介します。
FOP

JAL 国内線3月末 同日往復 羽田ー熊本線 同日往復 FOP単価14円台

本稿執筆時点において、羽田ー熊本線で来年1月以降7月あたりまでの運賃では、最も安い時期は、2末と3月末から4月中旬にかけてで同日往復約2万円半ばとなり、FOP単価14円台でしたので、ご紹介します。
FOP

JAL 国内線2月末 同日往復 羽田ー旭川線 同日往復 FOP単価10円台

本稿執筆時点において、JAL羽田ー旭川線で来年1月以降7月あたりまでの運賃では、最も安い時期は、2月末で同日往復約2万円弱となり、FOP単価10円台でしたので、ご紹介します。
FOP

JAL 国内線2月末 同日往復 羽田ー女満別線 同日往復 FOP単価10円台

羽田ー女満別で来年1月以降7月あたりまでの運賃では、最も安い時期は、2月末で同日往復約2万円弱となり、FOP単価10円台でしたので、ご紹介します。
FOP

JAL 国内線1月末 同日往復 羽田ー奄美大島線 同日往復 FOP単価12円台

羽田ー奄美大島路線で来年1月以降7月あたりまでの運賃では、最も安い時期は、1月末で同日往復約3万円、FOP単価12円台でしたので、ご紹介します。
FOP

JAL 国内線1月末 同日往復 羽田ー鹿児島線 同日往復 FOP単価8円台

JAL 羽田ー鹿児島線、1月末で、同日往復約1.5万円、FOP単価8円台がありましたので、ご紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました