PP

PP

2021年6月末 SQ 成田発パリ往復 ビジネスクラス PP単価12円台

そんな中、成田発欧州往復のビジネスクラスを見ていたら、7月以降発は高くなるのでシンガポール航空、6末成田発、シンガポール航空経由、パリ往復 現地滞在1週間で、運賃は32万円ですが、PP単価12円台がありましたのでご紹介します。
NH

ANAが 2021春 プレミアムポイント2倍キャンペーンを発表しました。

ANAが2021年3月22日に2021年春のプレミアムポイントキャンペーンを発表しましたので、内容確認してみました。
NH

ANA も2021年ステイタス会員保持者にボーナスPP付与プログラムを発表しました。

2021年、JALとANAは重要顧客の一部であるステイタス会員へのサポート内容が異なり、戦略が分かれた格好ですが、ANAは、JALと同様のサポート内容を追加することになりました。
スポンサーリンク
NH

ANA 名古屋(中部)ー石垣 5月 日帰 でPP単価9円台

名古屋(中部)ー石垣路線 5月日帰り、スーパーバリューもしくはスーパーバリューからの当日アップグレードでPP単価9円台がありましたので、ご紹介します。
NH

ANA PP単価計算機能付PP計算機をアップデートしました(当日アップグレード分追加)

2020年の1-6月分搭乗時の2倍対応も必要なくなったと思いますので、国内線は、その分を削除し、当日アップグレード分の計算機能を追加してアップデートいたしました。
NH

ANA 国内線 SVからの当日アップグレードのPP単価はいくらだろう

ANAの普通席→プレミアムクラスへの当日アップグレードは路線の距離により、4.000~15,000と固定はされておりませんので、当日アップグレード分のPP単価を確認するのがやや面倒です。
NH

ANA 札幌(新千歳)ー沖縄(那覇) 7月 1泊2日 当日UGでPP単価10円台

1回の搭乗におけるステイタスポイント最大化のため、当日プレミアムクラスへのアップグレードについてご紹介しましたが、ANA国内線の中で最も長距離な、札幌(新千歳)ー沖縄(那覇)路線について調べてみましたので、ご紹介します。
FOP

JAL ANA 国内線 予約開始日

JALとANAは国内線予約開始日が、運航ダイヤ期間ごとから搭乗日の約1年ぐらいから予約可能に仕組みが変わり、執筆時点で既に2021年の1月分については、予約開始が始まっております。
NH

ANA 大阪(伊丹)ー沖縄(那覇) 5月 1泊2日 PP単価7円台

1回の搭乗におけるステイタスポイント最大化のため、当日プレミアムクラスへのアップグレードについてご紹介しましたが、大阪(伊丹)ー沖縄(那覇)路線について調べてみましたので、ご紹介します。
NH

ANA 名古屋(セントレア)ー沖縄(那覇) 4月 1泊2日 PP単価6円台

1回の搭乗におけるステイタスポイント最大化のため、当日プレミアムクラスへのアップグレードについてご紹介しましたが、名古屋(セントレア)ー沖縄(那覇)路線について調べてみましたので、ご紹介します。
NH

ANA 国内線 当日アップグレードについて

ANA国内線当日アップグレード仕組みの簡単なご紹介と、プレミアプポイントの計算含めた具体例をご紹介したいと思います。
BR

2021年5月 プレエコ シンガポール発 台北経由 ロスアンゼルス往復 PP単価5円台

プレエコではありますが、5月GWでエバー航空、シンガポール発台北経由ロサンゼルス往復で、PP単価5円台がありましたので、ご紹介します。
PP

2021年GW ビジネスクラス シンガポール発 イスタンブール経由 ロサンゼルス往復 PP単価8円台

2021年GW、ターキッシュ(TK)運航便による ビジネスクラス シンガポール(SIN)発、イスタンブール経由 ロサンゼルス(LAX)往復 PP単価8円台となっていましたので、ご紹介します。
OZ

2021年4月 ビジネスクラス 成田発 ソウル経由 ロスアンゼルス往復 PP単価14円台

年が明け、感染者数急増、海外からの入国禁止(ビジネストラックは維持)がつづき、感染者数減少の目途が見えない中、なかなか国際線搭乗の計画する意欲さえ失いがちですが、久しぶりに運賃がどのようになっているのか、東京発ロサンゼルスで見てみました。
NH

ANAが変えようとしているサービスモデルとはなんだろう?

ここ数年ANAはANAグループ年始式の社長挨拶骨子を同社プレスリリースに掲載していますが、この1年コロナで苦しんだ同社が、どのように立ち向かおうとされているのか具体的に記載されていますが、その中で顧客側の視点で気になるところを愚考してみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました