NH

NH

ANA 国内線1月1日往復 羽田ー那覇線がまだPP単価6円台の組み合わせがまだあるようです。

ANA 羽田ー那覇線で1月1日の予約状況を調べてみたら、まだ2万円程度で往復ができるようですので、ご紹介します。
A3

ANA積算時 StarAlliance 各社 国際線予約クラス別積算率 最新版

StarAllianceにおける各航空会社の予約クラス別積算率の最新状況を確認してみました。
JL

JAL/ANA 旅客輸送9月度実績状況

2020年度9月の数字が出そろいましたので、まとめてみました。国際線はあいかわらず対前年比3-4%、国内線は対前年度比でJALは41%、ANAは30%という状況でした。
スポンサーリンク
NH

2021年7月 ANA ビジネスクラス ホーチミンシティ発 羽田往復 PP単価15円台

2021年7月、ANA(NH)運航便による ビジネスクラス ホーチミンシティ(SGN)発、羽田(HND)往復 PP単価15円台となっていましたので、ご紹介します。
aviation

JAL/ANA 旅客輸送8月度実績状況

お盆や夏休みで人の動きが1年の中で大きい月のひとつですが、国際線はあいかわらず対前年比3-4%、国内線は対前年度比でJALは31%、ANAは24%という状況でした。
NH

2021年1月 ビジネスクラス シンガポール発 イスタンブール経由 ロスアンゼルス往復 PP単価11円台

2021年1月、ターキッシュ(TK)運航便による ビジネスクラス シンガポール(SIN)発、イスタンブール(IST)経由、ロサンゼルス(LAX) PP単価11円台がありましたので、ご紹介します。
aviation

JAL/ANA 旅客輸送7月度実績状況

Gotoキャンペーンの前倒しでより一層の回復が期待された国内線でしたが、直前で東京発着が対象から外れることが大きなマイナス要因となり、7月度の国内線は対前年度比でJALは38%、ANAは24%という状況でした。
NH

ANA積算時 StarAlliance 各社 国際線ビジネスクラス、プレミアムエコノミー運賃クラス別積算率まとめ

昨今格安ビジネスクラスの積算率を70%程度まで下げる動きが加速していますが、ANA積算時におけるスターアライアンス加盟各社の国際線をどのように設定しているかまとめてみました。
aviation

JAL/ANA 旅客輸送6月度実績状況

国内線、国際線ともにコロナの影響で減便、休便が4月から本格化し、5月も同様ですが、6月から国内線はやや回復の兆しと報道されていました中、2020年6月度のJAL、ANAの実績が出そろいましたので比較、レビューしてみました。
NH

ANA プレミアムエコノミー 積算率差によるPP単価差検証

ANAのプレミアムエコノミーの積算率70%の運賃クラスは、獲得PPが低い分、PP単価が悪い印象ですが、運賃差もありますので、積算率100%の運賃クラスとPP単価としてどの程度の差があるのか検証してみました。
NH

ANA 国際線プレミアムエコノミー設定有無によるPP単価差検証

両社ともプレミアムエコノミー運賃クラスの積算率70%化が本格化しておりますので、積算率の高いエコノミーを選ぶ方が総合PP単価が良くなりる場合があります。実際の例でその差を検証してみました。
BR

2020年10月中旬 プレミアムエコノミー Staralliance 羽田発 シンガポール:台北経由ロサンゼルス往復 PP単価10円台

シンガポール発券と成田発券の組み合わせで、2020年10月中旬、全行程プレミアムエコノミー 羽田発、シンガポール・台北経由でロサンゼルス(TPE) PP単価10円台がありましたので、ご紹介します。
aviation

JAL/ANAの採用活動はいつごろ再開されるだろう・・・

7月10日、2021年度入社の採用活動の中止を発表しましたが、いつごろ再開されるのか考察してみました。
aviation

JAL/ANA 旅客輸送5月度実績状況

国内線、国際線ともにコロナの影響で減便、休便が4月から本格化し、引き続き同様な状況であった2020年5月度のJAL、ANAの実績が出そろいましたので比較、レビューしてみました。
NH

2021年GW シンガポール(SQ) ビジネスクラス ムンバイ(BOM) 発券 シアトル往復PP単価10円台

2021年GWで、ムンバイ発券シンガポール経由、シアトル往復で、PP単価10円台のルートがありましたのでご紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました