NH

NH

ANA も2021年ステイタス会員保持者にボーナスPP付与プログラムを発表しました。

2021年、JALとANAは重要顧客の一部であるステイタス会員へのサポート内容が異なり、戦略が分かれた格好ですが、ANAは、JALと同様のサポート内容を追加することになりました。
NH

ANA 名古屋(中部)ー石垣 5月 日帰 でPP単価9円台

名古屋(中部)ー石垣路線 5月日帰り、スーパーバリューもしくはスーパーバリューからの当日アップグレードでPP単価9円台がありましたので、ご紹介します。
NH

ANA PP単価計算機能付PP計算機をアップデートしました(当日アップグレード分追加)

2020年の1-6月分搭乗時の2倍対応も必要なくなったと思いますので、国内線は、その分を削除し、当日アップグレード分の計算機能を追加してアップデートいたしました。
スポンサーリンク
NH

ANA 国内線 SVからの当日アップグレードのPP単価はいくらだろう

ANAの普通席→プレミアムクラスへの当日アップグレードは路線の距離により、4.000~15,000と固定はされておりませんので、当日アップグレード分のPP単価を確認するのがやや面倒です。
NH

ANA 札幌(新千歳)ー沖縄(那覇) 7月 1泊2日 当日UGでPP単価10円台

1回の搭乗におけるステイタスポイント最大化のため、当日プレミアムクラスへのアップグレードについてご紹介しましたが、ANA国内線の中で最も長距離な、札幌(新千歳)ー沖縄(那覇)路線について調べてみましたので、ご紹介します。
FOP

JAL ANA 国内線 予約開始日

JALとANAは国内線予約開始日が、運航ダイヤ期間ごとから搭乗日の約1年ぐらいから予約可能に仕組みが変わり、執筆時点で既に2021年の1月分については、予約開始が始まっております。
NH

ANA 大阪(伊丹)ー沖縄(那覇) 5月 1泊2日 PP単価7円台

1回の搭乗におけるステイタスポイント最大化のため、当日プレミアムクラスへのアップグレードについてご紹介しましたが、大阪(伊丹)ー沖縄(那覇)路線について調べてみましたので、ご紹介します。
NH

ANA 名古屋(セントレア)ー沖縄(那覇) 4月 1泊2日 PP単価6円台

1回の搭乗におけるステイタスポイント最大化のため、当日プレミアムクラスへのアップグレードについてご紹介しましたが、名古屋(セントレア)ー沖縄(那覇)路線について調べてみましたので、ご紹介します。
NH

ANA 国内線 当日アップグレードについて

ANA国内線当日アップグレード仕組みの簡単なご紹介と、プレミアプポイントの計算含めた具体例をご紹介したいと思います。
aviation

JAL/ANA 旅客輸送12月度実績状況

例年なら年末で飛行旅客数が増える時期でありますが国際線はわずかなら改善はしているものの対前年比8%、国内線は対前年度比でJALは49%、ANAは40%という状況で、前月比で下落の状況です
aviation

コロナ禍のJAL ANA国内線の推移

国内線を持つ世界大手航空会社の当面の生命線は国内線となっています。国際線、国内線両方を持つ国内大手2社も同様です。コロナ前からの状況の比較含めて推移を改めてレビューしてみました。
aviation

JAL/ANA 旅客輸送11月度実績状況

2020年度11月の数字が出そろいましたので、まとめてみました。例年なら観光シーズン真っ盛りでありますが国際線は相変わらず対前年比5-6%、国内線は対前年度比でJALは61%、ANAは47%という状況で、前月比で微増の状況です
NH

ANAが変えようとしているサービスモデルとはなんだろう?

ここ数年ANAはANAグループ年始式の社長挨拶骨子を同社プレスリリースに掲載していますが、この1年コロナで苦しんだ同社が、どのように立ち向かおうとされているのか具体的に記載されていますが、その中で顧客側の視点で気になるところを愚考してみました。
NH

ANA 国内線2月 同日往復 羽田ー釧路線 同日往復 PP単価11円台

1-2月でANAもPP単価一桁の路線を見つけにくくなっています。今回羽田ー釧路線でPP単価11円台がありましたので、ご紹介します。
NH

ANA 国内線2月 同日往復 羽田ー旭川線 同日往復 PP単価9円台

本稿執筆時すでに年末のため、1月の各路線の運賃を見ると、ほぼPP単価1桁は厳しい状況ですが、2月だとまだいくつかの路線でPP単価一桁があるようです。今回ANAの旭川線でご紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました