NH

NH

ANAが変えようとしているサービスモデルとはなんだろう?

ここ数年ANAはANAグループ年始式の社長挨拶骨子を同社プレスリリースに掲載していますが、この1年コロナで苦しんだ同社が、どのように立ち向かおうとされているのか具体的に記載されていますが、その中で顧客側の視点で気になるところを愚考してみました。
NH

ANA 国内線2月 同日往復 羽田ー釧路線 同日往復 PP単価11円台

1-2月でANAもPP単価一桁の路線を見つけにくくなっています。今回羽田ー釧路線でPP単価11円台がありましたので、ご紹介します。
NH

ANA 国内線2月 同日往復 羽田ー旭川線 同日往復 PP単価9円台

本稿執筆時すでに年末のため、1月の各路線の運賃を見ると、ほぼPP単価1桁は厳しい状況ですが、2月だとまだいくつかの路線でPP単価一桁があるようです。今回ANAの旭川線でご紹介します。
スポンサーリンク
NH

ANAマイル・ANA SKYコインの有効期限延長手続き

ANAマイルもANA SKY コインも最終的には金券になりますが、有効期限があり、しっかり管理しないと気が付いたら有効期限が切れて目減りしてしまった経験の方もいらっしゃると思います。有効期限の延長はありがたいです。
NH

ANA 国内線2月 同日往復 羽田ー鹿児島線 同日往復 PP単価9円台

本稿執筆時すでに年末のため、1月の各路線の運賃を見ると、ほぼPP単価1桁は厳しい状況ですが、2月だとまだいくつかの路線でPP単価一桁があるようです。今回ANAの鹿児島線でご紹介します。
NH

対象者限定 ANAカード マイルプレゼントキャンペーン 2020冬

対象者限定ではありますが、例年より大規模なANAカード決済を促すキャンペーンのように感じましたので、内容確認してみました。
NH

ステイタス獲得サポート JAL ANA でそろいました。

JALから1週間遅れでANAからも「プレミアムメンバーステータス獲得チャレンジ」キャンペーンの発表がありましたので、詳細確認してみました。
FOP

JAL/ANA 旅客輸送10月度実績状況

2020年度10月の数字が出そろいましたので、まとめてみました。国際線はあいかわらず対前年比4-5%、国内線は対前年度比でJALは56%、ANAは41%という状況でした。
NH

ANA 国内線5月中旬 1泊往復 札幌ー沖縄線 同日往復 PP単価9円台

札幌ー沖縄で区間マイルだけで1397マイルあります、PP単価10円を切る運賃があるかどうか調べたところ、5月GW明けで、同日往復約4万円弱、PP単価9円台がありましたので、ご紹介します。
FOP

ANA 国内線2月中旬 同日往復 仙台ー福岡線 同日往復 PP単価9円台

ANAの仙台福岡も665マイルあり、一定の距離がありますので、PP単価10円を切る運賃があるかどうか調べたところ、2月中旬で、同日往復約2万円弱、PP単価9円台がありましたので、ご紹介します。
NH

ANA 国内線1月1日 同日往復 羽田ー宮古線 同日往復 PP単価7円台

羽田ー宮古線、正月(1月1日)で、同日往復約2万円中盤、PP単価7円台がありましたので、ご紹介します。
NH

ANA 国内線1月1日往復 羽田ー那覇線がまだPP単価6円台の組み合わせがまだあるようです。

ANA 羽田ー那覇線で1月1日の予約状況を調べてみたら、まだ2万円程度で往復ができるようですので、ご紹介します。
A3

ANA積算時 StarAlliance 各社 国際線予約クラス別積算率 最新版

StarAllianceにおける各航空会社の予約クラス別積算率の最新状況を確認してみました。
JL

JAL/ANA 旅客輸送9月度実績状況

2020年度9月の数字が出そろいましたので、まとめてみました。国際線はあいかわらず対前年比3-4%、国内線は対前年度比でJALは41%、ANAは30%という状況でした。
NH

2021年7月 ANA ビジネスクラス ホーチミンシティ発 羽田往復 PP単価15円台

2021年7月、ANA(NH)運航便による ビジネスクラス ホーチミンシティ(SGN)発、羽田(HND)往復 PP単価15円台となっていましたので、ご紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました