JAL 2月度旅客輸送実績

0

JAL 日本航空

 

JALの2020年2月の旅客輸送実績が報告されました。コロナ禍で欠航、運休が本格化し始めた月であり、状況が気になりますので、まとめてみました。

 

 

国内線

 

国内線は2月度の旅客数は微減の印象ですが、利用率の落ち込みはグラフでも目立ちますね。

  • 旅客数:2,568,767人(前年比97.4%)
  • 利用率:65.8%(前年同期72.0%)

.

利用率は RPK(千人キロ)/ASK(千座席キロ)で計算されます。

  • PPK:Revenue Passenger Kilometers = 旅客数 × 距離(輸送量)
  • ASK:Available Seat Kilometers = 有効座席数 × 距離 (輸送キャパ)

.

2020年2月の利用率の落ち込みは、分母になるASKが例年より大きいことが主要因ですが、2月はまだ国内線の減便、休便は行っていませんので、なぜ輸送キャパを増やしたのか不明です。攻めに出たのか、運航計画上のミスでしょうか?

.

 

国際線

 

2月はプレスリリースだけで4回の機材小型化、減便、休便の発表を行っています。

  • 2月4日:北京、上海(浦東)
  • 2月6日:北京、上海(浦東)
  • 2月7日:天津、北京、上海
  • 2月18日:上海(浦東)、天津、香港、香港、釜山、金浦、桃園
  • 2月27日:天津

 

国際線は中国・韓国線の落ち込みの影響で、旅客数、利用率共に落ち込みが目立ちます。

  • 旅客数:553,964人(前年比77.8%)
  • 利用率:71.1%(前年同期79.8%)

.

エリア別にみていきましょう

中国線

 

全2月は約12万人の旅客数でしたが、3万人の1/4に、利用率も機材縮小等をしても、前年82%から30%に半減以下となりました。

.

韓国線

 

韓国線は前年5万人の旅客数でしたが3万6千人、利用率も前年75%から58%に大幅減少しました。

.

その他エリア

 

他のエリアにつきましては、2月はエリアにより多少ありますが、まだ大きな影響が出ていないのでまとめます。

=米大陸線=

=欧州線=

=東南アジア線=

=オセアニア線=

.

まとめ

 

2月は中国、韓国線を中心に旅客輸送状況が悪化しました。

3月度は各エリア悪化が本格化しますので、実績を見るのが怖いですね。

 

最後に

 

3大アライアンスや各国メジャーエアラインが、国への支援要請を求めていますが、日本の2大キャリアはまだそのような報道がありません。

日本の2大キャリアの財務状況は、海外メジャーエアラインより良好との報道もあり、また危機の乗り切り方は各社判断になりますが、国への支援要請にならないことを切に祈っています。

 

 

クリック頂けますと励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました