JAL 国際線 4月減便、運休状況まとめ

0

 

2020年度最初のプレスリリースが、「新型コロナウイルス関連肺炎の影響に伴う2020年度夏期ダイヤ期間における国際線の対応について(Rev.6)」と非常に厳しい船出の2020年度となりました。

夏ダイヤ(2020年3月29日~)開始以降4月末までの国際線運航率15%とことですが、状況詳細にみてみたいと思います。

夏ダイヤ国際線に関するプレスリリース内容の経緯

3月13日(金)

Rev0:ベンガルール就航日の延期発表

 

3月19日(木)

Rev1:ハワイ、グアム、韓国線の運休・減便発表

 

3月24日(火)

Rev2:国際線全路線の減便、運休発表、運航率36%。

.

 

3月25日(水)

.Rev3:北米、東南アジア、ハワイ・グアム線の更なる減便、休便発表、運航率29%

.

 

3月27日(金)

Rev4:東南アジア、東アジア一部路線で追加減便、運休発表、運航率28%

.

 

3月30日(月)

Rev5:東南アジア、東アジア一部路線で追加減便、運休発表、運航率23%

.

 

4月1日(水)

Rev6:北米、欧州、東南アジア、東アジア一部、ハワイ・グアムの減便、運休さらに追加、運航率15%。

.

 

エリア別状況

 

運航日を〇で表現してみました。

北米

 

シカゴ、ロサンゼルス、バンクーバー線を除き、4月後半は運休になります。

.

 

欧州

 

ロンドン線は維持、他も4月24日以降復活予定

.

 

東南アジア

 

バンコク、シンガポール、クアラルンプール、ジャカルタ、マニラは間引き運航、ハノイ、ホーチミンシティは4月17日以降間引き運航

.

 

 

オセアニア

 

全休

.

 

東アジア

 

中国は成田ー大連線以外は全休

.

香港線は、成田発で維持、台北も維持、高雄は間引き運航

.

 

ハワイ・グアム

 

ハワイ線は4月8日を最後に全休、グアムも全休

.

まとめ

 

2018年度実績ベースで見ますと、国際線収入(4,629億円)は全収入(13,832億円)の33%を占めています。まだ現段階では1か月ですので、国際線だけで4,629億円/12×85%(運休率)=328億円(7%)の収入が吹っ飛ぶことになります。

非常に厳しい年度初めの月を迎えたことになります。

山高ければ谷深しの相場の格言ではありませんが、谷が深ければ、反転(山)も非常に高くなることを願ってやみません。

 

クリック頂けますと励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました