JAL当日クラスJ アップグレードは本当にFOP単価的にお得か?

0

JAL 日本航空

 

先日国内線エコノミークラスにおけるFOP単価が有利な路線を調べてみましたが

羽田(HND)-那覇(OKA)以外にFOP単価的においしい路線はあるか?
国内線の場合、最も効率が良いとされる羽田(HND)-OKA(那覇)往復をメインにされている方が多いと思いますが、単純往復になりがちで飽きがきますので、他のルートを探してみました。

JAL国内線は、搭乗日当日に空席がある場合、アッパークラスへの当日アップグレードを、エコノミークラスからの場合、クラスJは+1,000円で変更できます。

 

https://www.jal.co.jp/jp/ja/dom/boarding/sd_upgrade.html

当日クラスJのアップグレードがFOP単価的に本当にお得か調べてみました。

 

予約時のクラスJ運賃

 

当日アップグレードなので、当日空席がなければアップグレードできませんので、本来であれば予約時に運賃1,000円差でJクラスを選べるのが望ましいところですが、そのような予約はできるのでしょうか?

 

本稿執筆時最も先で予約可能な2021年1月24日の羽田(HND)-那覇(OKA)路線における最安運賃が出やすいJL921で見てみました。

 

.

最安はウルトラ先得のJクラスの設定がないと思われるため、この時点でのウルトラ先得運賃に1,000円加算ではクラスJは予約できません。

クラスJのFOP計算方法

 

一方アップグレードできたとしてJクラスのFOPの計算はどうなっているのでしょうか?
東京ー沖縄線で見てみましょう。普通席の場合は通常の区間マイルの75%を2倍します。

 

.

クラスJの場合は、通常の区間マイルの85%(10%増し)を2倍します。

.

,

計算上、普通席とJクラス席の運賃差が1,000円ですから、普通席の運賃が7,500円以上であれば、1,000円追加で支払ってもJクラスにアップグレードしてもFOP単価的には下がることになります。普通席の運賃が7500円を下回る路線はほぼありませんので、全路線において当日アップグレードはFOP単価的にお得ということになります

 

通常の直行便区間マイルが700マイル以上及び基幹路線について、2020年5月18日の週の運賃にて比較をしてみました。

.

*FOP単価差にはばらつきはありますがFOP単価が一桁(5円台ー9円台)の範囲では、FOP単価差は0.1円台から0.2円台の幅になります。

当日アップグレードも時間帯、季節によっては至難の業

 

当日アップグレードは、予約時普通席で予約し、当日空席があればですから、ただでさえ競争率が高いうえに、Jクラスアップグレード希望者が多ければその分競争率もさらに上がります。

 

また、クラスJ空席待も早い者勝ちではなく、種別により優先順位付けされてしまいますので、当日クラスJ空席待ちゲット率を上げるためには、種別Sの資格(エメラルド)を得ておく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

.

ビジネス客の多い路線や修行が集中する季節は、種別Sの空席待ちが、そもそもクラスJの座席数を超えるような人数になっている場合もあり、当日クラスJアップグレードを手に入れるのは、至難の業の場合があります。

特便クラスJの存在

 

ここまでで、クラスJの当日アップグレードはFOP単価的に有利であることがわかりましたが、路線によっては値段は少し高いけど、クラスJが予約時に確保できる特便のクラスJの方がFOP単価的に有利な場合がありますので、ご紹介します。

 

普通席のFOP単価ベスト3の羽田(HND)ー石垣(ISG)(2020年5月19日)、札幌(CTS)ー福岡(FUK)(2021年1月21日)、羽田(HND)-那覇(OKA)2021年1月19日)の3路線で運賃で見てみましょう

1.羽田(HND)ー石垣(ISG)(2020年5月19日)

 

.

GW明け平日ですが東京ー石垣線まだ空いてますね。

 

 

 

当日アップグレードが最もFOP単価最安で、FOP単価5.05です

 

2.札幌(CTS)ー福岡(FUK)(2021年1月21日)

 

.

やはり1月の運賃は安いです。

 

 

 

当日アップグレードが最もFOP単価最安で、FOP単価6.78です

 

3.羽田(HND)ー那覇(OKA)(2021年1月19日)

 

.

羽田(HND)ー那覇(OKA)線は修行に加え、休暇でも人気が高いので、その分早めに予約する必要があります。

 

 

 

こちらは特便クラスJを予約したほうがFOP単価的に有利です。当日アップグレードで取れた取れないで気をもむ必要はありません。

まとめ

 

クラスJ当日アップグレードは、どの路線でもFOP単価的にお得であることは確認できましたが、それ以上の運賃・路線の存在もあることも確認できました。

 

運賃最安を予約できるなら、FOP単価的には羽田(HND)ー石垣(ISG)線の当日クラスJアップグレードが王者でした。
当日クラスJが取れなくても、次点ですから羽田(HND)ー石垣(ISG)線はいずれにしても外せませんね。

 

 

 

羽田(HND)ー那覇(OKA)の特便は、わずかのさながら5円台をキープしていますので、予約時からクラスJを確保しながらお得なFOP獲得を目指すなら、羽田(HND)ー那覇(OKA)線の特便クラスJになります。

最後に

 

新型コロナウイルスの影響で、FOP修行を国内線にシフトされている方も多いと思いますので、国内線の予約が従来以上に難しくなる可能性もありますので、早目のご計画がよろしいかと思います。

 

クリック頂けますと励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

 

航空運賃は時期、プロモーションの有無等で日々変動しております。本情報はあくまで調査時点での情報であり、本情報掲載の運賃が読者調査時に航空会社から必ずしも提示されるものでないことは、あらかじめご了承いただければ幸いです。

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました