2020 FLY ON ポイントキャンペーン 2倍→1.5倍の考察

0

 

 

 

.

2020年の「FLY ON ポイントキャンペーンン」が2019年12月20日ごろ発表されたようです。

https://www.jal.co.jp/121campaign/flyon_dom/

発表時期は2019年度とほぼ同じ12月も下旬にさしかかってきたあたりでしたが、変更内容はFOPが2倍ではなく、1.5倍となり、キャンペーン部分が半減になりました。

 

 

 

.

2020年は本キャンペーンが無くてもやむなしと思っていましたので、キャンペーンが継続されたことについては、正直「嬉しい」、「ありがとうございます」と感じた半面、キャンペーン内容が半減となったことで、そのうれしさも減少するという微妙な印象となってしまいました。今回のキャンペーン内容を変更して継続した意味について、独断と偏見で考察してみました。

 

2倍→1.5倍のインパクト

 

2019年5月に実際に2倍キャンペーンを使って羽田ー那覇を2往復した例でそのインパクトを計算してみました。

 

 

 

 

 

 

 

上記の例では、獲得FOPは計算通り75%になりますが、FOP単価は、1.33倍(=4.85/3.64)になります。

サファイヤ(50,000FOP)をターゲットにするなら、2倍時は上記を4.5セット繰り返せば達成のところ、1.5倍では6セット必要になる計算で、金額差は約6万円です。

 

 

.

ただし、海外路線でのFOP単価は10円を切れれば安いほうという相場感からは、2倍の3円台が驚異的な数字であり、FOP獲得により、上級会員ステータス獲得や維持を目指される方にとっては、今回の1.5倍の4円台でも十分お得なキャンペーンといえると思います。

 

予約方式変更の影響

 

ここまで、過去の実績をもとに、FOPポイントキャンペーンの倍数のインパクトの影響についてみてきましたが、

FOP単価は、チケット購入金額の影響もうけます。

2019年の予約方式は、夏ダイヤ(3末ー10末)分を1月末に一斉発売、冬ダイヤ(10末ー3末)を8末に一斉発売でしたが、半年分一斉販売は2019年冬ダイヤを最後に終了し、現在は330日先まで発売となっています。

執筆時点(2019年12月下旬)では、2020年11月下旬までの予約が可能の状況で、一斉発売と似たような金額のチケットが買えるのかどうか確認してみました。

修行効率を上げるために、1日羽田ー那覇2往復で調べたところ、FOP単価は5.12と5円台をちょっと超える程度となりました。

 

 

 

.

季節が異なることと、導入したての機材がA350の影響もあるのでしょうか、同じ金額とはいきませんでしたが、ほぼほぼ同じとみてよいレベルではないかと思います。

キャンペーン実施の指定月の11が月前になったら、毎日チケット価格を確認する毎日になるのではないかと思います。

キャンペーン継続とFOP倍数減少の意味の考察

 

キャンペーン開始以来の運航実績を見てみると、毎年着実に運航実績とくに利用率は上げておりますが、キャンペーンの効果という視点で見てみると、やはりキャンペーン開始年である2017年以降伸び悩んでいるとも見えます。

 

 

 

.

勝手な推測ですが、あまりFOP修行が行われないであろう年末年始期間(12月27日ー1月5日)JALグループ運航会社便の予約状況が、2019年12月20日に発表されましたが、前年比でも伸びており、好調であるといえると思います。

 

 

 

 

 

.

2020年はオリンピックイヤーであり、オリンピック関係者、選手、応援に来日する外国人の一定の搭乗が見込める分、FOP獲得のための搭乗はある程度減少しても総合の実績には大きくは影響しないはずだとの判断があっても、おかしくはないと思います。

事実、規模的には比較になりませんが、9月-10月に行われた日本チームの活躍もあり大いに沸いたラグビーワールドカップでは、利用率は2017年並みに上がっています。

 

 

 

.

一方で、この施策は、サファイヤ(5万FOP獲得後に付与される、JALグローバル会員の入会を促す手段でもあり、JALカード会員獲得者への影響もありますので、今年でやめてしまう判断はやはりできなかったのではないかと思います。

まとめ

 

2019年のラグビーワールドカップで、きたる2020年のオリンピックでの実績向上効果を試算したうえ、一定のFOP獲得者の搭乗減はカバーできると判断され、FOPキャンペーンの倍数減少は決定され、一方でオリンピック効果は2020年だけですので、また2021以降の対策のためにも、キャンペーン廃止ではなく、継続も決定されたのではないかと勝手に考察してみました。

 

.

2021年以降の実績の伸びが見通せなければまた2倍復活の可能性もあると、こちらも勝手に希望的観測のもと放言させていただきます。

 

 

クリック頂けますと励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました