緊急事態宣言直後の週末の羽田空港の様子

 

 

緊急事態宣言直後の週末(3連休)の羽田空港に行く機会がありましたので、状況お伝えします。

 

京急羽田空港駅

.

時間帯にもよると思いますが、週末10時ごろの様子です。

 

 

 

 

 

電車が到着すれば人がバラバラおりますが、すぐ人がいなくなります。

 

T1

 

羽田空港には数えきれないほど来ていますが、このように空いている風景は初めて見ました。

 

 

 

.

 

欠航も非常に目立ちました。報道では欠航率何%という表現が使われ、あまりピンときませんが、ボードを見ると実感いたします。

 

 

T1 JALスマートエアポート

 

昨年末公式ページにてJALスマートエアポートの改装が終わり、全面運用開始の案内がありましたが、チェックインの機械がずらりと並び、対面カウンターがなくなり、機械が前面に押し出されました。

 

従来の風景から見ると近未来的な印象を受けます。

 

 

 

 

 

荷物の自動預け入れ機です。

 

 

 

 

 

ファーストクラス受付は、特に変わりはないようです。こちらは引き続き対面です。

 

 

 

 

 

 

T2

 

T2もT1と同様の状況でした。

 

 

 

 

 

 

T3

 

訪問時受付をしていたのは、JAL、ANAとルフトハンザのみでした。

 

 

 

 

 

JAL、ANAも搭乗者よりもスタッフの数の方が多い状況でした。

 

 

 

 

 

 

江戸小路も大半のお店が休業状態です。

 

最後に

 

2回目の緊急事態宣言で、さらに日本の航空各社の業績回復への道のりががさらに長くなってしまった格好で非常に残念です。

一日も早く元の賑わいに戻ることを心より祈っています。

 

 

 

クリック頂けますと励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました