JAL/ANA 旅客輸送6月度実績状況

1+

 

 

 

 

国内線、国際線ともにコロナの影響で減便、休便が4月から本格化し、5月も同様ですが、6月から国内線はやや回復の兆しと報道されていました中、2020年6月度のJAL、ANAの実績が出そろいましたので比較、レビューしてみました。

国内線状況

 

2020年6月度の両社旅客数は、5月度の9割の減便、休便から、復便率が高まり、戻しました。

JAL 0.64百万人(対前年同月比 22%)
ANA  0.56百万人(対前年同月比 18%)

.

利用率も5月からさらに回復し5割程度となりました。

JAL 41.6%(前年同月72.1%)
ANA  53.8%(前年同月66.4%)

 

国際線状況

 

国際線は相変わらず、4月以降JALは1万人前後、ANAは2万ー3万人のレンジで、対前年比96-99%減になっています。

JAL  1.0万人(対前年同月比1%)
ANA   3.2万人(対前年同月比4%)

.

利用率は両社とも27%程度まで戻しています。

JAL 27.7%(前年同月84.0%)
ANA  27.0%(前年同月77.9%)

 

国際線エリア別

 

両社でエリアの分け方が異なり、ANAを分解することはできませんので、比較集計上ANAの分類にあわせます。

 

 

 

 

 

.

北米ホノルル(JALはグアム含)

 

ANAのグアムはユナイテッドによるコードシェアしかありませんので、JALはグアムデータが乗っている状態での比較になります。

 

=旅客数=

例年20万人台/月/社の旅客数のエリアですが、両社ともほとんどゼロに近い実績となってしまいました。

JAL 0.2万人(対前年同月比1%)
ANA  1.3万人(対前年同月比7%)

 

=利用率=

JALは38%まで戻しましたが、ANAは25%で横ばいです。

JAL 37.9%(前年同月81.0%)
ANA  26.4%(前年同月77.7%)

 

欧州

 

=旅客数=


6月度の欧州路線の旅客数は、4月以降前年同月比約2-3%の約1-3千人で横ばいです。


JAL   0.1万人(対前年同月比2%)
ANA    0.3万人(対前年同月比3%)

.

=利用率=

6月度の欧州路線の利用率は、前年同月約80%のところ、4月以降20%程度で推移しています。

JAL 19.7%(前年同月80.6%)
ANA  19.9%(前年同月74.2%)

 

アジアオセアニア

 

=旅客数=

6月度のアジア・オセアニア路線の旅客数は、前年同月比約2%-4%まで落ち込んだままです。

中国が含まれていることもあり、エリア別では最も影響の大きいエリアです。

JAL 0.6万人(対前年同月比1%)
ANA  1.6万人(対前年同月比3%)

.

=利用率=

6月度のアジア・オセアニア路線の利用率は、前年同月約80%のところ、ANAは約30%、JALは25%まで戻しています。

JAL 25.3%(前年同月82.0%)
ANA  31.9%(前年同月74.1%)

 

まとめ

 

.

国際線のエリア別内訳

.

 

旅客数は両社とも5月に比べさらに、国内線を中心に戻していることはデータでも確認できました。

7月はさらに回復すると思いますが、8月は復活のカギであるお盆時期の国内線が、国内感染者数の増大の影響が大きいように感じます。

 

 

 

クリック頂けますと励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

 

 

1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました