JAL国内線搭乗メインでブリティッシュ(BA)のティア取得しようとするとどうなるか?

0

JAL 日本航空

先日、JAL国内線搭乗だけでキャセイ(CX)のティアを取得しようとするとどうなるかの検証をお伝えしました。

第二弾として、OneWorldの立ち上げメンバーでもあり、盟主の1社であるブリティッシュエアウエイズ(BA)のティアをJAL国内線をメインに取得しようとするとどうなるか検証してみました。

OneWorld各社マイレージステータス基準

5月でOneWorld脱退予定のラタムを除く12社の状況は以下の通りです。

各社細かい付帯条件や新規、維持等で細則ありますが、新規の場合のポイントのみまとめましたのでご了承ください。

ブリティッシュエアウエイズ(BA)のティアポイント

ブリティッシュエアウエイズ(BA)のエクゼクティブクラブのクラス分け(ティア)とOneWorldにおけるステータスは以下になります。

ブロンズ  :ルビー
シルバー  :サファイア
ゴールド  :エメラルド

エメラルドに相当するゴールド取得のためには、ブリティッシュ(BA)またはイベリア(IB)運航便を最低4回搭乗かつ1,500ティアを取得する必要があります。

したがって、JAL運航便国内線のみでブリティッシュエアウイズ(BA)のティアを取得することはできませんので、、JAL国内線をメインに取得しようとしたらどうなるかという試算としてみていただけばと思います。

_

JAL運航便による日本国内線搭乗時のティアポイント

距離と座席クラスによりティアポイントが決まっているはずですが、キャセイパシフィックのようにマトリクスが公表されていませんので、調べてみたら、日本国内は、距離による差はなく、座席クラスのみであることを確認しました。

航空会社、路線別による付与ティアポイントは、以下で調べます。

上記データベースでJAL国内線最短ルートの中で認識するルートは

沖縄(OKA)-久米島(UEO)59マイルでしたので、JAL国内線最長ルート(羽田(HND)-石垣(ISG))1,224マイルで付与されるティアポイントが同じであることを確認しました。

_

距離による差はないことが確認できましたので、いかに短期間で往復を繰り返すことができるか、料金が安いかがポイントになります。

また、キャセイと異なり、最安エコノミーと、クラスJでティアポイントに8倍の差がありますので、Jクラス設定路線であることも条件になります。

 

ここで注意点が1点あります。JALのエコノミーには、先得と特便と2種類あります。

 

特便のクラスJは、座席クラスJで40Tierとなるのは固いようですが、先得のクラスJは、諸説ありますので、特便のクラスJで予約する方が確実と思います。

路線の絞り込み

以下考察で絞り込んでいきました。

  • 1フライトの距離が短い:鹿児島、沖縄群島のフライトがねらい目
  • 1日の往復フライトが多くかつクラスJの設定便が多い

上記を満たすフライトは意外に少なく、那覇(OKA)発、宮古(MMY)と石垣(ISG)線しかなく、状況から那覇(OKA)-宮古(MMY)に絞り込みます。

 

 

 

_

那覇(OKA)-宮古(MMY)路線でのBAティア獲得作戦

まず同路線の運行状況を確認します。(2019年冬ダイヤ)

この運航便で何往復できるか、費用は、獲得BA Tierは、BATier単価はどうなるか調べてみました。(2020年6月4日(水)で確認)

_

沖縄発で4往復ができ、4往復で費用約80,360円、獲得BA Tier 320、

BA Tier単価251円になりました。

BA ゴールド(エメラルド)までの道のり

1日で320 Tier獲得できますので、BAゴールドのラインが1,500Tierですから、4.7回繰り返せば1500になります。

BAゴールドになるためには、BA便もしくはIB便を4回乗ることも条件ですから、那覇(OKA)-宮古(MMY)で4回(4日間)で1,280Tireポイント程度獲得しておけば、1,500Tierには到達できるのではないでしょうか?

那覇(OKA)ー宮古(MMY)を1日4往復、×4の費用が80,360円×4で285,440円と約32万円になりますので、これに共住力那覇までの費用や、BAかIB便搭乗のための費用を足しても、JALやCXよりだいぶ安い印象です。

東京在住者なら、東京(HND)ー那覇(OKA)の費用も掛かりますから、那覇(OKA)ー宮古(MMY)が4日で完了することを考えると、4日連続実行してしまったほうが安上がりのような気がします。

最後に

OneWorldはエメラルドステータスを永年維持をする仕組みが一部あるはありますが、途方もない距離を乗らなければなりませんので、大半の人は、毎年一定の搭乗をして維持することになりますが、その費用は押さえたい所です。

JAL、CX、BAの比較では、JGCでサファイヤをクリア及び維持したうえで、BAゴールドを毎年維持していくのがOneWorldでは一番コストを抑えられるような気がします。

今後ほかのエアラインも確認していきたいと思います。

 

航空運賃は時期、プロモーションの有無等で日々変動しております。本情報はあくまで調査時点での情報であり、本情報掲載の運賃が読者調査時に航空会社から必ずしも提示されるものでないことは、あらかじめご了承いただければ幸いです。

 

クリック頂けますと励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました