1.5倍になってもやっぱり最強 2020 JAL FLY ON ポイントキャンペーン

0

 

2017年から始まったJAL国内線のFLY ON ポイントキャンペーンの倍率が、2020年は従来の2倍から1.5倍に変更になり、倍率はともかく継続でほっとされた方、倍率減でがっかりされた方色々いらっしゃると思います。

 

 

指定月のみ対象ですので、どの月にするかは各自の判断ですが、初月の4月の予約をとるにはそろそろ75日前に差し掛かってきていますので、4月での効率的な日程について確認してみました。

 

各月申込期限

 

各月申し込み期限があります。

.

4月を対象とする方は、3月15日までに申し込む必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

本稿執筆時点(4月21日)ですでにもっとも運賃が安いウルトラ先得が発売されている75日前が4月5日以降になってきています。4月でキャンペーンを申し込む人はそろそろチケットの手配も必要になってきます。

羽田(HND)⇔那覇(OKA)

 

JAL国内線自社便で最も長いフライトは、1,000マイルを超える石垣、宮古と続きますが、直行便の本数が少なくいうえに機材が小さい(737-800)ので、チケットがとりにくく安いチケットはすぐ売れてしまいます。一方3番の羽田(HND)ー那覇(OKA)は本数も多く、機材も大きいので安いチケットが比較的取りやすいため、JAL国内FOP獲得のゴールデンルートとなっています。

  • 羽田(HND)-石垣(ISG):1,224マイル
  • 羽田(HND)-宮古(MMY):1,158マイル
  • 羽田(HND)ー那覇(OKA):984マイル

フライトパターン

 

2020年夏ダイヤで、羽田(HND)⇔那覇(OKA)は24便/日運航される予定です。片道2時間半ですので羽田発で羽田にその日に戻ってくるパターンでは、飛行機の遅れなどの影響なども考慮に入れると1日2往復が時間的にも体力的にもいいところかと思います。

機材繰りから、羽田(HND)-那覇(OKA)便は、突発の機材繰りがなければ上記のようなパターンで往復を繰り返しているものと思います。

 

また、ウルトラ先得は乗り遅れても払い戻しが効きませんので、同じ機材で戻ってくる組み合わせを取っておけば、往路遅れても復路で乗れないということが避けられます。

 

1往復目

 

1日で2往復するためには、なるべく早く乗って戻ってくる必要がありますし、羽田発朝一便が、2020年夏ダイヤの羽田(HND)-那覇(OKA)唯一のA350の往復があり且つ次便より安いのでこの選択になると思います。

往路:JL901 羽田(HND)0615発ー那覇(OKA)0910着
那覇空港での待ち時間は1時間
復路:JL902 那覇(OKA)1010発ー羽田(OKA)1220着

 

2往復目

 

1往復目羽田帰着時間が1220で、午後便で安いのが羽田(HND)1600発の921便です。約4時間ありやや間延びしますが、1往復目に多少の遅れがあっても、リカバリできる間隔かと思います。

往路:JL921 羽田(HND)1600発ー那覇(OKA)1850着
       那覇空港での待ち時間は約1時間
復路:JL920 那覇(OKA)2005発ー羽田(HND)2215着

復路は次便のJL922(那覇(OKA)2055-羽田(HND)2305着の選択もありますが、最終便で遅れた場合、家に帰れなくなる可能性がありますので、安全を見てJL920の選択とします。

 

4月はどの日程が良いか

 

フライトパターンが決まったところで、本稿執筆時点で予約できるウルトラ先得料金を確認し、獲得FOP、FOP単価も確認してみました。

.

上記は本稿執筆時点(1月21日夜)の料金情報ですのでご了ください。

平日でも時間の取れる方は、4月7日(火)、14日(火)、15日(水)、16日(木)、21日(火)、22日(水)、23日(木)、27日(月)が最も低FOP単価となります。1.5倍キャンペーン適用時は、FOP単価4.95と5円を切ります。

 

一方、土日祝日でないとという方は、4月18日(土)が最も低FOP単価となります。1.5倍キャンペーン適用時FOP単価は5.72と6円を切ります。

まとめ

 

国際線や国内線と国際線の組み合わせでもなかなかFOP単価5円を切るルートを見つけるのは至難の業以上のレベルと思いますので、キャンペーン倍率は減りましたが、それでもFLY ONキャンペーンの威力は健在といえると思います。

 

 

航空運賃は時期、プロモーションの有無等で日々変動しております。本情報はあくまで調査時点での情報であり、本情報掲載の運賃が読者調査時に航空会社から必ずしも提示されるものでないことは、あらかじめご了承いただければ幸いです。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました