JAL運航便 シドニーFOPルーティング OKA-SYD、SYD-OKAどちらがよいか

1+

 

 

海外発券以外の修行ルートは、OKA-SINが有名です。最近はOKA-KULのほうが人気でしょうか?JAL運航便で考えると、FLY ON ポイント換算率1.5倍の適用は、アジア以外ではオセアニアがあります。日本からの距離はオセアニアのほうが遠いので、料金次第ではオセアニアのほうがFOP単価が良くなるのではないかと思い、調べてみました。

 

 

.

OKA-SYD:那覇起点、東京経由、シドニー往復

SYD-OKA:シドニー起点、東京経由、沖縄往復

いずれも、発券地まで別途行く必要ありのため、海外発券に不慣れな方は、OKA-SYDの選択になろうかと思います。

 

OKA(那覇)-SYD(シドニー)

 

まずプレミアムエコノミーのOKA-SYDを見てみましょう。前後に最安の羽田-那覇を付け加えてあります。

 

 

獲得FOP23,077、費用193,990円、FOP単価8.41

 

SYD-OKA

 

シドニー発券那覇プレミアムエコノミー往復に、成田ーシドニープレミアムエコノミー往復を組み合わせてみました。

 

 

獲得FOP35,541、費用308,845円、FOP単価8.70

.

まとめ

 

OKA-SYD:那覇起点、東京経由、シドニー往復 + 羽田ー那覇往復

獲得FOP23,077、費用193,990円、FOP単価8.41

 

SYD-OKA:シドニー起点、東京経由、沖縄往復 + 羽田ーシドニー往復

獲得FOP35,541、費用308,845円、FOP単価8.70

最後に

 

軍配は、OKA-SYDにあがりました。国内起点の発見で、決済も円貨になり、為替影響受けません。ぜひご興味ある方はお試しください。

 

 

航空運賃は時期、プロモーションの有無等で日々変動しております。本情報はあくまで調査時点での情報であり、本情報掲載の運賃が読者調査時に航空会社から必ずしも提示されるものでないことは、あらかじめご了承いただければ幸いです。

1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました