JAL国内線 当日アップグレード分のFOP単価はいくらだろう

+1

 

 

コロナで国際線への搭乗機会がほぼなくなり、国内線搭乗よるステイタス会員獲得、維持が求められる状況が続いています。1回の搭乗でいかに、効率的にかつ多くのFOP獲得をするかが重要なポイントになります。

 

JAL国内線当日アップグレード

 

JAL国内線では、アッパークラス(クラスJ、ファーストクラス)に空きがある場合に限り、規定料金で当日アップグレードを受け付けます。早い者勝ちになります

 

 

規定料金

 普通席 → クラスJ  1000円

 普通席 → ファーストクラス 8000円

 クラスJ → ファーストクラス 7000円

普通席は運賃クラス(普通、ビジネス、特便、先得等)は原則問いません。

(上記運賃以外はアップグレード不可の可能性がありますので、ご了承ください)

 

当日アップグレードの手続き

 

 

<空きがある場合>

搭乗日空港に到着後、カウンターでアッパークラスの空きがあるかどうか確認します。

空きがあれば、規定料金をカウンターで希望するアッパークラスへのアップグレードの手続きに入ります。

 

 

<空きがない場合>

空きがない場合は、ダメもとでキャンセル待ちをすることもできます。

搭乗日当日すでにアッパークラスが満席で明らかに空きがない場合でも、当日のドタキャン者が零とは限りませんので、あくまでダメもとですが、キャンセル待ちを入れておくことをお勧めします。

 

カウンターでキャンセル待ちを申し出ると、空席待ち整理券を発行いただけます。

自分の整理番号(呼出番号)を確認し、紙面に記載の指定呼出予定時刻前までに、紙面に記載の指定呼出場所で待つことになります。

指定呼び出し場所は、搭乗口の近くとなります。

.

.

 

 

<種別>

種別については、JMB会員ステータスレベルによって下記で規定されています。

.

.

 

呼出場所では、呼び出し予定時刻前後に空席待ちの状況が表示されます。

上記の整理券写真と下記の呼出案内の日時が異なりますので、整理券番号があっておりませんが、種別別に呼び出し開始番号が表示されていますので、種別で表示されている番号の方が、各種別で一番最初となります。

 

.

 

路線別アップグレード料金分のFOP単価

 

筆者の試算では、普通席の運賃クラス(普通(含むビジネス)、特便、先得)の差はありませんでしたので、事例として最も多いと思われる普通席を先得で予約し、当日クラスJ、ファースクラスにアップグレードした場合のアップグレード分のFOP単価を算出しました。

.

.

 

まとめ

 

 

キャンセル待ちの申し込みは空港でしかできませんので、時期、時間帯にもよりますが、当日アップグレードの競争率は低くはありませんので、この競争を勝ち抜くポイントは、空港に早く到着するしかないように思います。

 

 

 

クリック頂けますと励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました