2021年3月後半 JAL 羽田発-シンガポール往復 FOP単価的に最もお得な運賃クラスは?

1+

あくまで、コロナ禍がおさまり、各国入国ができるようになった場合の情報ですので、その点ご留意いただければと思います。

 

 

 

 

au PAY マーケット

 

 

 

年度末の3月は、春休みもかさなり人の移動が多い時期の一つでもありますが、来年の3月にどうなっているか予断を許さない状況でもあります。JALでは、冬時刻表の3月末までは特別運賃を出していますので、東京発シンガポール往復で調べてみました。

 

 

羽田発シンガポール往復

 

 

JAL運航便による東京とシンガポールを結ぶ直行便は3便で、羽田発着が2便、成田発着が1便となっています。

.

.

.

 

プレミアムエコノミー

 

3月における東京ーシンガポール路線において、プレミアムエコノミーは運賃によりEクラス(積算率70%+FOPボーナス有)Rクラス(積算率100%+FOPボーナス有)の2種類が存在します。

羽田発着便にて同じ旅程で獲得FOP、運賃からFOP単価の違いを比較すると、EクラスのFOP単価が11円台、RクラスのFOP単価が20円台と、積算率が低いEクラスの方がFOP単価が低く、効率的であることを確認しました。

.

.

 

.

 

ビジネスクラス

 

ビジネスクラスの最安運賃は、予約クラス「X」になり、FOP単価は13円台となります。

.

.

 

予約クラス「X」は2021年11月5日以降搭乗分から、積算率が70%に変更(代わりに従来積算率70%であった予約クラス「I」が125%に変更になりますので、ご注意下さい。

 

.

 

 

エコノミークラス

 

3月における東京ーシンガポール路線において、エコノミーは運賃によりQクラス(積算率30%+FOPボーナス無)L、V、Sクラス(積算率50%+FOPボーナス有)の2種類が存在します。

羽田発着便にて同じ旅程で獲得FOP、運賃からFOP単価の違いを比較すると、QクラスのFOP単価が18円台、SクラスのFOP単価が12円台おなじエコノミークラスでも少し高く払っても、Sクラスで予約したほうがFOP単価的にはお得になります。

.

.

 

 

まとめ

 

.

.

 

 

最後に

 

 

現実的な選択肢としては、FOP単価13円台のビジネスか、FOP単価11円台のプレエコ(E)かどちらかかと思います。

 

.

 

クリック頂けますと励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

 

 

1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました