JAL GO TO トラベル 日帰りプランはFOP単価いくらだろう?

1+

 

 

 

ようやく東京発のGO TO トラベルが始まり、国内線旅客数の大幅回復の兆しが見えてきました。航空会社もいろいろプランを提供していますが、JALが10月1日のプレスリリースで、航空券と宿泊券をセットに販売している「ダイナミックパッケージ」に、日帰りプランを追加することを発表しましたので、羽田ー沖縄路線を例に、FOP単価的にどうなるのか、内容を検証してみました。

 

 

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

GO TO トラベル 日帰り往復航空券+ご当地クーポン

 

<プラン概要>

.

日帰り往復になりますので、往路が朝便(JL901、JL903、JL905、JL907のいずれか)指定、復路が夕方夜便(JL916、JL918、JL920、JL922のいずれか)指定となります。
もちろん、席数は限定されていると思われるため、空きがなければ表示はされません

.

 

<GO TO トラベル割引概要>

パッケージ料金(往復航空券)に対し、35%が割引された金額が支払金額になります。

ただし、割引額上限は7、000円になりますので、パッケージ料金が20,000円以上であれば7,000円の割引となりますが、20,000円以下の場合は、35%相当になります。(実際の割引額は、相当額の下二桁は切り捨てになるようです)

.

 

ダイナミックパッケージのFOP

 

ダイナミックパッケージ運賃のFOP積算率は50%

.

.

搭乗ボーナス FLY ON ポイントは付与されません。

.

.

ダイナミックパッケージの場合の羽田ー沖縄往復の獲得FOPは、積算率50%と国内線の2倍が打ち消しあって、片道984ポイント、往復で1,968ポイントとなります。

.

.

 

羽田ー那覇線 FOP単価とパッケージ料金の相関性

 

週末や連休等により異なりますが、調査時点で往路、復路ともに最安値を選択した場合、

10月8日以降1月31日までの期間(116日)において、一人当たりの最安値と最高値は以下の通りでした。

 

割引前:16,800円ー79,800円(割引後:11,000円-72,800円)

FOP単価では、5.6-37

近似式は y(割引前料金)=1972.2X(FOP単価)+6921.2となり、FOP単価10円以下としたい場合は、割引前料金を26,643.2円以下にする必要があるということになります。

.

 

時期による料金設定の違い

 

10月1日プレスリリースで、10月3日以降出発適用のため、12月以降のベースラインが上がっているように感じます。やはり急な旅程は組みにくく、ちょっと先の旅程から埋まっていくということでしょうか?

.

.

 

まとめ

 

 

調査時点では、10月の出発がFOP単価的にはお得なようです。単身で気軽に日帰りで往復できる方は、現地での消費にご当地クーポン(3000円)も付与されますので、現地でのランチやお土産に活用いただけます。

 

 

航空運賃は時期、プロモーションの有無等で日々変動しております。本情報はあくまで調査時点での情報であり、本情報掲載の運賃が読者調査時に航空会社から必ずしも提示されるものでないことは、あらかじめご了承いただければ幸いです。

1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました