SCOOT(シンガポール航空傘下LCC)がクリスフライヤーエリートマイル加算となりました。

+1

 

 

世界大手航空会社が傘下に持つLCC搭乗に、親会社のマイレージやエリートポイントを獲得できる例はほとんどないと思われますが、シンガポール航空がこれまでエリートポイント加算対象外としていた傘下のLCC搭乗時、飛行マイルと加算率に応じたエリートポイント加算が可能となりました。

 

どのくらいの加算率になったのか、確認してみました。

 

SCOOTとは

 

公式ホームページ

 

2011年シンガポール航空が長距離国際線を目的としたLCCとして設立、その後すでに就航済みの同社傘下の近距離LCCであったタイガーエアと2016年にスクートブランドで統合され現在に至る。

 

SCOOTルートマップ

現在の時刻表では、シンガポールを起点として、中国、韓国、日本、台湾、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア、オーストラリアに就航しています。コロナでかなり日本路線が縮小されたようですが、現在は成田ー台北が路線として残っています。

.

 

Timetable

 

 

クリスフライヤーへの加算

 

 

今までSCOOT搭乗時、クリスフライヤーへのマイル加算はありましたが、エリートポイント加算はされていませんでした。下記案内により加算対象となったようです。

 

.

 

 

上記のyou will earn for a scoot flightをクリックすると、SCOOTに飛びます。

 

.

 

加算率

 

 

肝心の加算率はどうでしょう?

SCOOT搭乗のマイル積算率

 

,

 

シンガポール航空搭乗時のクリスフライヤーへの積算率

.

.

 

 

まとめ

 

 

SCOOTはそもそもLCCで運賃も安いことから、積算率はある程度低いとも想定していましたが10%-25%ということでした。

 

 

最後に

 

 

スターアライアンス系のエリートポイントを集めるときに、国内在住者の大半はANA加算と思いますが、本件はシンガポール航空のクリスフライヤー加算時の話となります。

ANA加算時は、まだSCOOT搭乗はシンガポール航空搭乗とはみなされませんので留意ください。

 

 

 

クリック頂けますと励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました