ハワイ行きは今どうなっているだろう 2021年1月 ユナイテッド運航便利用

1+

あくまで、コロナ禍がおさまり、各国入国ができるようになった場合の情報ですので、その点ご留意いただければと思います。

 

 

 

 

ハワイの日本人受入規制緩和が行われ、日系も臨時便を出すなど、少しずつ動きが出てきました。

2021年1月のハワイ行きはどうなっているのか調べてみましたところ、定期運行しているのはハワイアンとユナイテッドでした。ハワイアンはJALと個別提携はしていますが、FOPは貯まりませんので、今回はユナイテッドについて調べてみたところ、PP単価10円台のルートがありましたので、ご紹介します。

 

成田(NRT)ーホノルル(HNL)直行便往復

 

まずシンプルに直行便はどのようなPP単価になっているか確認しました。

 

概要

    • 発券地:成田(NRT)
    • 利用絵航空会社:ユナイテッド(UA
    • 座席クラス:全行程 ビジネスクラス(Z 積算率125
    • 全行程移動距離:7,662マイル
    • 発券地出発日:2021年1月5日
    • 発券地帰着日:2021年1月8日
    • マイレージ積算:ANA

.

旅程詳細

1月5日 夕方成田発、朝ホノルル着、ホノルル泊
1月6日 ホノルル泊
1月7日 午前ホノルル発、
1月8日 成田着

3泊4日 現地2泊(ホノルル2)、機中or機場1

.

.

獲得PP 10,378、運賃:222,500円、PP単価:21.44

 

.

.

 

成田(NRT)-サンフランシスコ経由ーホノルル(HNL)往復

 

 

サンフランシスコ経由も、運賃はほとんど変わりませんので、PP単価的には改善の方向になりますので、確認してみました。

 

概要

    • 発券地:成田(NRT)
    • 利用絵航空会社:ユナイテッド(UA
    • 座席クラス:全行程 ビジネスクラス(Z 積算率125
    • 全行程移動距離:15,058マイル
    • 発券地出発日:2021年1月4日
    • 発券地帰着日:2021年1月8日
    • マイレージ積算:ANA

.

旅程詳細

 

1月4日 夕方成田発、朝サンフランシスコ着、午前同初、午後ホノルル着、ホノルル泊
1月5日 ホノルル泊
1月6日 朝ホノルル発、午後サンフランシスコ着、サンフランシスコ泊
1月7日 朝サンフランシスコ発
1月8日 午後成田着

4泊5日 現地3泊(ホノルル2,サンフランシスコ1)、機中or機場1

.

獲得PP 20,424、運賃:223,090円、PP単価:10.92

 

.

.

 

まとめ

 

 

直行便とサンフランシスコ経由で移動距離が倍ですが、運賃がほとんど変わらないので、PP単価はサンフランシスコ経由が直行便の半分となり、PP単価10円台となりました。

.

.

 

最後に

 

 

ホノルルは、日本人の入国について緩和措置が執られているとの報道ですが、サンフランシスコ経由の場合、国際線から国内線への乗り継ぎなので、サンフランシスコで一旦入国手続となってしまいますが、外務省のHPをみても、アメリカ本土は日本人の入国制限や、入国後の行動規制の記述がないため、サンフランシスコでの入国は可能で、ホノルルへの移動もできるのではないかと思います。

問題は、日本への帰国は、ハワイからではなく、サンフランシスコ便になりますので、帰国時の行動規制については、要確認と思います。

 

 

クリック頂けますと励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

 

 

 

1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました